マツエクの持たせ方

マツエクの持たせ方についてしっかり説明してみようと思います

濡れたままはやめましょう

2015年11月22日 10時28分

・濡れたままはやめましょう
髪の毛と同じでまつ毛も、マツエクを行った後は乾かしてあげるのが大切です。
タオルで水分を拭き取ったとしても、最後まできちんと乾かしてあげるのが大切。
グルーは濡れたままにしておくと接着部分が剥がれやすくなってしまいます。プールや温泉など通常のまつ毛メイクよりも耐性は高いものの、剥がれやすくなってしまうという点では変わりませんのでできるだけ濡れた状態で放置せずに乾かすように心がけましょう。
髪の毛と違ってまつ毛はすぐに乾くものです、冷風で片目ずつ15秒ほど乾かすとそれで十分なので、髪を乾かすついでに行えることなので出来るだけ忘れずに行ってくださいね。
この15秒ずつを行うことにより、マツエクのカール自体も保持できますので美しさもキープできるのです。
洗顔後のちょっとしたケアだけでもマツエクの持ちは格段に変わってきます、これはサロンで施術後に説明を受けるケア方法なので是非実践したいところ。特に難しいことではありませんのでしっかりと行うようにしましょう。
ドライヤーで乾かすということは目元のお肌も乾くので、しっかり保湿は行ってくださいね。それによってかゆみをひき起こす原因も抑えることができるでしょう。
日常生活の延長にマツエクのケアも行うように出来れば自然にマツエクの持ちを良くすることができますよ。